スマホ老眼が治るためには、眼に負担をかけないようにすることが大切です。
まず、暗いところで使用すると眼に負担をかけます。さらに、電車や車の中などの揺れる場所で使用することも眼に負担を×原因となります。また、集中して使っている場合には、瞬きの回数が大幅に減少してしまうため、意識して瞬きを行うことも大切です。
寝転んで使用すると、下から見上げるようになるため、眼が乾きやすくなり、視力の低下につながるので、視線はやや下に向けるようにして使うのがベストです。時々、遠くを見ることも大切です10分に一度は遠くを見るようにすることで、眼の筋肉の収縮を緩めることに繋がるため効果的です。メールやLINEで打つ内容などを考える際にもあえて遠くを見るようにして考えると効果的です。
次に、スマホ老眼が治るようにするためにはツボを押すことも効果的です。まず、目頭にある「清明」というツボと、こめかみのくぼみにある「太陽」というツボを気持ち良いと感じる程度に押してマッサージをします。
眼の体操をすることも効果があります。眼の運動をすることで、眼の筋肉が凝り固まらないようにすることができます。方法は、眼を2秒ほど強く閉じ、眼を見開いて頭を動かさず目だけを左右上下、斜め4方向に動かします。もしコンタクトをしている場合には外した時だけ行います。
眼に必要な栄養を摂ることもスマホ老眼が治るためには必要です。ブルーベリーやミネラル、オメガ3脂肪酸などが有効で、食事から取るのが難しいという場合にはサプリメントなどでとるのも効果的です。

スマホ老眼対策ナビ│治すには?おすすめのスマホ老眼対策決定版!はこちら