任意整理は債権者と債務者もしくはその代理人との交渉により、将来的に発生する利息の支払いを免除してもらい、返済負担を軽減する手続きのことを指します。この時、債務者と債権者との間では、和解が同意され、その和解案にそって返済をする必要があります。
もし、任意整理の後に支払延滞という事になった場合には、どのような事が待ち受けているのでしょうか。まず、最もやってはいけないこととしては、そのままにしておくということです。債権者によって対応は異なりますが、返済が2回以上遅れた場合には、分割での支払い契約が無効になってしまう可能性があります。さらにそれだけではなく、返済が遅れてしまった分の遅延損害金が請求されることもあります。
任意整理後に返済延滞の可能性があるということが事前に分かった場合の対策としては、返済日前に支払いが遅れそうであるということを債権者に伝えるようにしましょう。事前に連絡をすることで、心象を良くすることが出来ます。既に、返済が遅れてしまっているという場合には、早めに債権者に対して連絡をするようにします。また、弁護士や司法書士に相談をしても良いでしょう。
突発的にお金が必要となることは、少なからずあります。そのような事が続いた場合には、返済が遅れてしまうこともあるでしょう。その時の対処法により、異なる結果になることもありますので、まずは早めに債権者に連絡するということを忘れないようにしましょう。